事例紹介

プリンシプルBCP研究所における、3つのソリューション別導入事例をご紹介します。

危機管理・BCP 導入事例 製造業A社様
ITの危機管理 導入事例 IT企業B社様
マンションの危機管理 導入事例 マンション管理組合C社様

 HOME > 事例紹介 > マンションの危機管理

case study3

【マンションの危機管理】 導入事例のご紹介

写真1マンション管理組合 C様管理組合自身が主体となって作業を行うことで、
住民の意識向上と低コストでの危機管理対策を実現

支援内容 震災と津波に対応したマンション管理組合の危機管理マニュアル策定と備蓄品コーディネート
導入理由 湾岸地域に立地するマンション管理組合のリスクに対する「備え」
首都直下型、南関東地震、東海・東南海地震などが発生した際に、影響が大きいと想定される湾岸地域に立地するマンション管理組合C様では、津波を想定に含めた危機管理が必要であると考え、マニュアルの策定と備蓄品のコーディネートをコンサルタントに依頼。
導入の流れ 【Step 1】地域固有の地震情報の収集
危機管理マニュアルを策定するにあたって、自治体からの地震に関する各種情報(液状化、ゆれやすさ、津波、橋の倒壊の可能性など)を収集。

【Step 2】当研究所の雛形を活用した危機管理マニュアル作成

プリンシプルBCP研究所のマンション向け危機管理マニュアルのテンプレートを活用し、管理組合理事会でカスタマイズをしながら作成。
マニュアルのテンプレートを見る

【Step 3】マンションコミュニティに必要な備蓄品リスト作成

マニュアルの策定と同時並行し、備蓄品について、プリンシプルBCP研究所のサポートを受け、必要な備蓄品について構成案(補充案)によるリストを作成。

【Step 4】当研究所の専任コンサルタントの最終チェック

最終的に危機管理マニュアルをプリンシプルBCP研究所のコンサルタントのチェックを受け、正式に総会で承認を受け、危機管理運用がスタート。管理組合自身の作業が中心とすることで、コンサルティング費用を最小限に抑えての実施が可能となりました。