INFORMATION

Tomoyuki HAYASHIDA
24/6月/2017

健康を害してまでの過酷な労働を従業員に強いるブラック企業、その真逆の従業員の健康こそがその企業の生産性を上げるポイントだと認識した経営を勧める、いわゆる”ホワイト企業”が世界的に注目されています。

大企業の健康保険組合や人事部などから聞こえてくる医療費・保険費の負担増への懸念の声!

しかし、企業の生産性という観点から見れば、日本の大企業の平均的な医療費・保険費の負担は、わずか 20 % 程度。その大部分の 70% 以上は、従業員が出勤しているのに、生産性が悪くなっている状態。つまり従業員の健康面での不調改善を問題にするべきだという考え方です。

その中で何が、生産性を落とす原因になっているかと言えば、肩こりや腰痛、うつ状態など、普通に会社に出ても、何となく具合が良くない状態、漢方で言えば「未病」な状態が、企業の生産性を著しく劣化させていることに注目し、従業員の健康増進に力を入れる経営方針を「健康経営」と言います。

世界保健機構(WHO)では、健康の定義を、

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

としています。

肩こりや腰痛、うつ状態といった身体的、精神的なもの以外にも、従業員の方々の社会的な充足を含めた健康サポートをすることで、より企業の生産性は上がり、会社と従業員の関係も良くなっていき、ロイヤリティも上がり、企業業績にもプラスのトルネード効果が出てくるわけです。

 

 


chem.png
Tomoyuki HAYASHIDA
24/6月/2017

CBRNE (シーバーン)をご存じでしょうか?

c: Chemical(化学兵器)
B: Biological(生物兵器)
R: Radiological(放射性物質)
N: Nuclear(核兵器)
E: Explosive(爆発物)

のそれぞれの頭字語ですが、これらの兵器を使ったテロ等による災害を CBRNE 災害ということもあります。

欧米では、これらのテロや災害に対して、国家、自治体、軍などの他、企業や個人でも対応方法について知識として持っておくべきものと考えられています。

https://www.ready.gov/prepare-for-emergencies

このような危機管理サイトは、個人に向けても役に立つ内容が含まれています。

世界で唯一全ての CBRNE 経験国である日本ですが、来たるべき東京オリンピックやラグビーワールドカップなど、世界大会主催国として、リスクの高い項目として位置付けられるようになってきました。CBRNE については、企業 BCP の、震災、新型感染症の次の項目としてマネジメントシステム構築が始まっています。

 

 


SERVICE

icon-angle-right 危機管理・BCP
icon-angle-right 情報セキュリティ
icon-angle-right ヘルスケアIT
icon-angle-right 内部監査支援

ABOUT US

icon-angle-right 代表挨拶
icon-angle-right 会社データ
icon-angle-right お問い合わせ
icon-angle-right ニュース&イベント
icon-angle-right ブログ

POLICY

icon-angle-right本WEBサイトご利用にあたって
icon-angle-right 商標
icon-angle-right 個人情報保護と情報セキュリティー
icon-angle-right CSR・ESG

PRINCIPLE CONSULTING GROUP

プリンシプル・コンサルティング
プリンシプルBCP研究所
プリンシプルHRコンサルティング
プリンシプル住まい総研
プリンシプル情報構造化研究所
プリンシプルアセスメント研究所
プリンシプル見える化研究所
プリンシプル・エグゼクティブ・コーチング

COPYRIGHT © 2012-2017, Principle BCP Institute, ALL RIGHTS RESERVED