震災直後の停電による企業の電源確保問題

2019年3月14日 by Tomoyuki HAYASHIDA
eyecatch_itsecurity.jpg

3月11日、東日本大震災から 8 年目の日とあって、テレビやネットメディアでは、これに関連した話題が多く、BCP を生業とする身にとっても、考えさせられる一日でした。

最近企業の危機管理担当の方からご相談を受ける際に、話題となる震災対応の備蓄品。

基本的に、帰宅困難者に対応したものを優先度高く設定するようお話ししますが、それ以外に、やはり個人や対策本部の方々、震災担当の方々の情報入手や発信の貴重なツールである、停電時のスマートホンや PC への給電は、大きな問題となります。

企業の停電対策としては、やはり発電機や蓄電システムとなりますが、それぞれ一長一短があり、企業の判断が分かれる処となります。

  1. 発電機:長所:比較的安価、短所:燃料を大量には保管出来ない、毎年の管理が必要
  2. 蓄電システム:長所:運用管理の手間が少ない、短所:高価

多くの企業は、燃料保管問題のために発電機を諦めることになり、蓄電システムの導入を検討しますが、やはり見積りレベルで高価なため、購入に至らないことが多いと聞きます。

私の個人的な提案ですが、蓄電システムのような 5 kwh、1 kwh も必要ですが、個人個人には、必要に応じて、大容量(10,000mAh以上)の PC 対応モバイルバッテリを各自運用するようにすれば如何でしょうか。

PCに対応したDCポートやテレビもつなげることが出来るACポート、USBポートが複数あるものが一般に販売されています。

おすすめは、やはり医療機器にも対応可能な正弦波インバータ機能を持つものが安心ですが、価格も高くなるため、おおよその費用感で、15,000 円~ 25,000 円程度が良いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

SERVICE

icon-angle-right 危機管理・BCP
icon-angle-right 情報セキュリティ
icon-angle-right ヘルスケアIT
icon-angle-right 内部監査支援

ABOUT US

icon-angle-right 代表挨拶
icon-angle-right 会社データ
icon-angle-right お問い合わせ
icon-angle-right ニュース&イベント
icon-angle-right ブログ

POLICY

icon-angle-right本WEBサイトご利用にあたって
icon-angle-right 商標
icon-angle-right 個人情報保護と情報セキュリティー
icon-angle-right CSR・ESG

PRINCIPLE CONSULTING GROUP

プリンシプル・コンサルティング
プリンシプルBCP研究所
プリンシプルHRコンサルティング
プリンシプル住まい総研
プリンシプル情報構造化研究所
プリンシプルアセスメント研究所
プリンシプル見える化研究所
プリンシプル・エグゼクティブ・コーチング

COPYRIGHT © 2012-2017, Principle BCP Institute, ALL RIGHTS RESERVED