新型コロナウイルス感染拡大、世界との比較

2020年4月20日 by Tomoyuki HAYASHIDA
virus.png

世界の感染拡大に関する情報として、ジョンズ・ホプキンズ大学のポータルサイトや WHO の状況レポートを毎日のように見ますが、連日マスコミに報道されている日本の感染拡大状況を世界と比較したら、どうなのかを改めて確認したいと思います。下図は、現時点での感染に関する数値を感染拡大が続いている代表的な国に関して表にしました。

※ 発生から45日前後の感染者数は、正確な数値ではありません。

ここで注目したいのは、人口あたりの感染率と致死率、アウトブレーク発生から一定期間での感染者数です。

人口当たりでも最も感染率が高いのは、スペイン(0.41 %)、逆に最も低いのは、中国(0.006 %)です。日本でも、0.008 % と低い値です。

また致死率は、英国の 13.44 % を最大に、最小は、日本の 2.16 % となっています。

さらにアウトブレーク発生から 45 日前後の感染者数(表の値は正確な数値ではありません)では、断トツにアメリカが大きく、日本は、かなり少ないことが分かります。

一方感染対策として多方面で評価の高いドイツですが、感染の数値だけ見ると、感染率や致死率、一定期間後の感染拡大に関しては、日本よりも大きい数字を示しています。

医療崩壊が実際に起こっているヨーロッパや米国の一部地域など世界各国との比較において、現状は、まだ日本は持ち堪えているレベルなのだということが分かりますが、今後、アメリカやヨーロッパのような急激な感染拡大が起こらないとも限りません。現状の感染拡大防止策を引き続きよろしくお願い致します。

SERVICE

icon-angle-right 危機管理・BCP
icon-angle-right 情報セキュリティ
icon-angle-right ヘルスケアIT
icon-angle-right 内部監査支援

ABOUT US

icon-angle-right 代表挨拶
icon-angle-right 会社データ
icon-angle-right お問い合わせ
icon-angle-right ニュース&イベント
icon-angle-right ブログ

POLICY

icon-angle-right本WEBサイトご利用にあたって
icon-angle-right 商標
icon-angle-right 個人情報保護と情報セキュリティー
icon-angle-right CSR・ESG

PRINCIPLE CONSULTING GROUP

プリンシプル・コンサルティング
プリンシプルBCP研究所
プリンシプルHRコンサルティング
プリンシプル住まい総研
プリンシプル情報構造化研究所
プリンシプルアセスメント研究所
プリンシプル見える化研究所
プリンシプル・エグゼクティブ・コーチング

COPYRIGHT © 2012-2017, Principle BCP Institute, ALL RIGHTS RESERVED