リスク対策.com に投稿記事(第 14 回)が掲載されました(5/13)

2022年5月13日 by Tomoyuki HAYASHIDA
riskrespose.png

5 月 13 日、「リスク対策.com」に、投稿連載記事(第 14 回)が掲載されました。

「IT-BCPを妨げる総務と情シスの仲の悪さ」

第 14 回:IT を BCP に取り込む方法

なぜ総務と情シスは仲が悪いのか?

総務部門と情報システム部門は”仲が悪い”。これは、インターネットの出現以前、企業内の情報ネットワークシステムの一つとして、トールダイヤルネットワーク(内線 PBX システム)を総務部門が管轄し、データネットワークを情報システム部門が担っていた時代の話です。この2つのネットワークを統合するデジタル回線多重化装置(モデムのお化けのようなもの)を、どちらの主導でやるかの戦いもありました。

インターネット黎明期、音声ネットワークが Voice over IP(VoIP)としてインターネットに統合されるようになってから、その境界は曖昧になっていくことになります。しかし、この歴史的な”仲の悪さ”は、今の時代の BCP にも影響を与えています。総務部門が管轄する BCP と情シス部門が管轄するIT-BCP、DR(Disaster Recovery:災害時システム復旧)は、同じところを目指しているはずなのに、その実体はなぜか交わらない仕組みとして成立してきました。

総務部門は IT-BCP/DR に対し、IT のところは任せたから「よきにはからえ」と言わんばかりにノータッチ。一方の情シスは RPO/RTO/RLO* に関して、情シス目線の独自の考え方で「完全復旧させればいいんでしょ」と言う。

一見すると、IT が完全復旧できるなら何の問題もないように思えますが、この状態は有事になるといろいろな問題を引き起こすことになります。 …