事例紹介

製造業の BCP 構築の特徴と事例


[su_note note_color=”#fefefe” radius=”0″]

製造業 A 社の BCP 構築事例

  • リスクマネジメント ⇒ 危機管理 ⇒ 震災BCP 策定への流れ
  • 策定担当部門:総務部(対策本部事務局)
    • 総務部部長、担当一名による2名体制
  • 初動の危機管理マニュアル策定からスタート(6ヶ月で初版完成)
  • 初動対応策は、安否確認システム導入、全従業員に簡易対応キットを配布、主要オフィスには蓄電池、工場には発電機を設置
  • 対策本部は、役員以外については、総務部が事務局兼社内被災情報収集班、人事部が社員管理班(安否確認等)、営業および事業部、生産管理部が事業継続対応班、広報が、情報発信班で構成
  • BCP は、緊急報告のためのエスカレーション体制の構築からスタート
  • 業務オペレーション上、震災シナリオで何が影響するのかの洗い出しを実施するも、事業影響度分析の結果、事業縮退の選択はしない方針(BCP マニュアルではなく、震災対応ガイドラインを作成)
  • 同時に、感染症対応 BCP においても、初動危機管理マニュアルを策定
  • 訓練については、対策本部訓練を年に一回実施

[/su_note]

https://www.principle-bcp.com/wp/wp-content/uploads/2017/04/t_service_01.jpg

[su_spacer size=”20″]

CASE STUDY

icon-angle-right 製造業の BCP 構築の特徴と事例
icon-angle-right 物流業の BCP 構築の特徴と事例
icon-angle-right 商社の BCP 構築の特徴と事例
icon-angle-right 小売業の BCP 構築の特徴と事例
icon-angle-right 事業影響度分析(BIA)の例

COPYRIGHT © 2012-2017, Principle BCP Institute, ALL RIGHTS RESERVED