INFORMATION

virus.png
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

cnn.com によると、中国の研究者が、新型の豚インフルエンザ G4 ウイルスを発見したという記事が出ています。これは、2009 年の H1N1 インフルエンザウイルス(今は季節性として存在しています)の変異したもののようですが、新型コロナウイルスのようにパンデミックになる可能性があるということです。つまり現存するワクチンは効かないということです。

地球温暖化に伴い、既知のウイルスが変異するスピードが高まったり、新たなウイルスが出現することが懸念されていますが、我々は、もう新たなウイルスと何度も戦わなければならない時代を生きることになるのかもしれません。

パンデミック感染症対策として、新型コロナウイルス COVID-19 で実践した対応を応用し、反省点を克服するスタートを再び切ることになるかもしれません。

新型インフルエンザ用に開発されたアビガンが、この G4 ウイルスに効果があるのか、も含めて、国や自治体、企業の感染症 BCP も早め早めの対応と備えが必要です。

 

 

 


eyecatch-1200x786.jpg
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

 

6 月まで、全ての集合型セミナーはキャンセルされていましたが、7 月から、再開されることになりました

 

開催にあたっては、主催者との協議の上、入場の際の検温および手指消毒、常時マスク着用、教室内の社会的距離レイアウト、定期的な換気と空気清浄、講師および演習発言者のフェースシールド着用など感染防止を徹底した上で実施されます。

 

以下、当方で、予定している BCP /危機管理セミナーをご紹介します。

 

[su_box title=”危機管理/ BCP セミナーの開催予定” style=”glass” box_color=”#556b2f”]

1. 2020/7/3(金):BCP 監査の視点と具体的手法(東京)詳細はこちらから

2. 2020/7/16(木):大災害から学ぶ BCP への新たな視点と対応策(東京)詳細はこちらから

3. 2020/7/21(火):パンデミック感染症に対する危機管理/ BCP 構築のポイント(大阪)詳細はこちらから(満席のため受付終了となりました)

4. 2020/7/28(火):地震・自然災害に対する新たな危機管理行動計画の策定の必要性とポイント(名古屋)詳細はこちらから

5. 2020/9/3(木):パンデミック感染症に対する危機管理/ BCP 構築のポイント(名古屋)詳細はこちらから

[/su_box]

なお大阪と名古屋で実施致しますパンデミック感染症 BCP セミナーは、新型コロナウイルスばかりでなく、今後も発生し得る新型インフルエンザ等への対応も含まれています。

9 月以降も、自然災害 BCP 構築セミナー、IT 管理者養成セミナー、テレワーク構築/情報セキュリティセミナー、AI セミナーなどを予定しております。追って詳細が決まり次第、ご報告いたします。

 

 

 


t_service_02.jpg
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

新型コロナウイルス感染がひと段落つき、回復の兆しが見える時期において、その回復期の危機管理やBCP として何をすればよいかについて、2 度目のライブセミナーとして、下記要領にて、Web セミナーを実施することになりました。

NEC ネクサソリューションズ社主催による、Zoom を利用した、無料 Web セミナーとなります。

私がご説明するセミナー時間は、20 分で、企業が実施すべきパンデミック感染症対策について回復期をターゲットにポイントを絞った解説を行っています。

[su_box title=”Web セミナーのお申込み” style=”glass” box_color=”#4156f3″]

☆ 2020 年  6 月  24 日(水)  15:00~ [回復期における新型コロナウイルス危機管理対応とは]

https://www.nec-nexs.com/seminar/detail.cgi?id=3231

 

[/su_box]

奮ってご参加下さい。

※ なお、NEC 社との競合他社のご参加をお断りする場合があります。


eyecatch_kansa.jpg
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

ダイヤモンドオンライン新型コロナ対応の BCP(第4回)が本日から公開されました。

今回のテーマは、「もし社員がコロナに感染したら「すぐに・絶対」やるべき2つの対応」です。

感染者調査と濃厚接触者管理で、各調査管理シートがダウンロード可能です。

 

https://diamond.jp/articles/-/239302

 

【ダイヤモンドオンライン】https://diamond.jp/

【ダイヤモンド社】https://www.diamond.co.jp/

 

 


eyecatch_kansa.jpg
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

ダイヤモンドオンライン新型コロナ対応の BCP(第3回)が本日から公開されました。

今回のテーマは、「社員をコロナ感染から守る!企業が取るべき感染リスク低減 4 つの対策」です。

 

https://diamond.jp/articles/-/238862

 

【ダイヤモンドオンライン】https://diamond.jp/

【ダイヤモンド社】https://www.diamond.co.jp/

 

 


eyecatch_kansa.jpg
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

ダイヤモンドオンライン、下記 URL にて、新型コロナ対応の BCP について、連載を受け持つことになり、本日より、公開されています。

 

今後数週に渡り、当該テーマにて、分かり易い解説を心がけて執筆していきますので、ご興味のある方は、ご覧ください。

 

https://diamond.jp/articles/-/238148

 

【ダイヤモンドオンライン】https://diamond.jp/

【ダイヤモンド社】https://www.diamond.co.jp/

 

 


t_service_02.jpg
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

新型コロナウイルス拡大が終息する兆しを全く見せない中、緊急対策セミナーとして、下記要領にて、オンデマンドセミナーならびに Web セミナーを実施することになりました。

NEC ネクサソリューションズ社主催による、Zoom を利用した、無料のオンデマンドセミナー(録画)および Web セミナー(Live)となります。

オンデマンドセミナーは、20 分で、企業が実施すべきパンデミック感染症対策について、ポイントを絞った解説を行っています。

また 4/20 に実施予定の Live によるウェブセミナーも、オンデマンドを補足し、テレワークにフォーカスした解説を行います。

[su_box title=”Web セミナーのお申込み” style=”glass” box_color=”#4156f3″]

☆ 4/1 から 4/19 オンデマンドセミナー「新型コロナウィルスにおける企業の BCP 対策」

https://www.nec-nexs.com/seminar/detail.cgi?id=3213

☆ 4/20 の Web セミナー「新型コロナウィルスにおける企業の BCP 対策」

https://www.nec-nexs.com/seminar/detail.cgi?id=3214

[/su_box]

奮ってご参加下さい。

※ なお、NEC 社との競合他社のご参加をお断りする場合があります。


eyecatch-1200x786.jpg
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

2019 年 9 月 ~ 11 月 までのセミナー/講演予定は、以下の通りです。

[su_list icon=”icon: external-link”]

 

※ NOMA : 一般社団法人日本経営協会(https://www.noma.or.jp/)

[/su_list]

詳しい内容については、お問い合わせください


landscape.jpg
Tomoyuki HAYASHIDA
22/10月/2020

来週、2 月 20 日(水曜日)、日本経営協会東京本部にて、「AI 機械学習/ディープラーニングの実態と導入のポイント」と題してセミナー講演を行います。

本セミナーでは、ベンダー視点による AI 解説や詳細な技術解説ではなく、ユーザ視点にたって、ユーザ企業が AI を導入する際、AI という技術やサービスに対しどのように向き合い、理解すれば良いかについて焦点を当てています。その為、事業部門や情報システム部門以外に、経営企画部門、危機管理担当部門およびこれらの管理職、役員の方々にもご参考にして頂ける内容になっています。

AI には、様々な技術要素がありますが、 AI の詳細な技術や専門用語の解説、プログラミング方法などをお示しする内容は含まれていません。

AI をプロジェクトとして、企業がコストを掛けて推進するための指標の一つとして、体制を含めた取り組み方やユーザが保有しておくべき資質、また AI を企業戦略として捉える方法、ならびに AI をリスクとして捉える危機管理、内部統制に言及しています。

以下、講演アジェンダとなります。

—- Agenda ————

1. AI(人工知能)とは
1.1 AI は今、何が出来るのか
1.2 IoT/ビッグデータ解析における AI の位置付け
1.3 機械学習とは
1.4 深層学習(ディープラーニング)とは
1.5 今後の AI 市場の成長分野
1.6 企業の仕事は AI に置き換えられるのか
1.7 業務系システムに導入出来る AI 技術とは

2. AI の導入と業務課題の解決について
2.1 AI 導入の動機は何か
2.2 AI が求められる背景
2.3 AI が業務課題を解決出来るのかの判断ポイント
2.4 AI が運用出来る業務課題例

3. AI の学習と評価
3.1 AI が出来ることは、「分類」と「回帰」と…
3.2 機械学習における教師有学習について
3.3 AI の精度評価

4. AI を実業務として導入するポイント
4.1 AI を導入する前に必要なこと
4.2 AI プロジェクトに必要なユーザの人材とは
4.3 データサイエンティストとは…
4.4 AI 事業者の実態とリスクを知る
4.5 ユーザの AI 事業者選択ポイント

【演習1】AI プロジェクトの事前検討演習

5. AI システムの構築プロセス
5.1 ユーザに求められる人材資質について
5.2 従前の IT プロジェクトとの違い
5.3 ユーザ側の実態に即した AI 事業者の選定
5.4 業者比較(例)
5.5 実システムの AI 導入判断
5.6 AI プロジェクトのマイルストン

6. AI プロジェクトの課題
6.1 AI プロジェクトのセキュリティ問題
6.2 AI プロジェクトのコンプライアンス問題

7. AI プロジェクトの運用
7.1 AI システムの人の役割/作業分担
7.2 既存 IT システムとの運用面での違い

【演習2】プロジェクト・スケジュール策定演習

8. 危機管理対象としての AI
8.1 AI が将来、企業・業務に与える影響を考える
8.2 AI を「リスク(内部統制)」として捉える考え方
8.3 AI リスク分析と危機管理対応
8.4 AI と GAFA 等のデータ寡占問題を考える

——————————————-

 

 


COPYRIGHT © 2012-2017, Principle BCP Institute, ALL RIGHTS RESERVED